ここでアフィリエイターデビューしませんか?
このサイトで学べることは?

【リライト】低品質な記事はリライト必須?効果的なリライト手順を徹底解説

ライティング
この記事は 約5 分で読めます。

記事がクローリングされ時間が経つけど、
なかなか順位が上がらない、
アクセスが伸びない、と悩んでいませんか?

そんな方は記事をリライトすることで、
SEOが良い方向に働き、アクセスアップする可能性が高いです。

記事のリライトとはユーザーの利便性を考慮し、
既存の記事を新たな内容に書き換えることです。

本記事では、

  • リライトが必要な記事
  • 記事のリライト方法

の順に記事をリライトする方法をご紹介します。

スポンサーリンク

リライトとは

リライトとは記事の内容を書き換えることで
その記事の目的を果たしやすくする行為。

読者の求めるコンテンツがあれば、
SEO対策にもなり必然とPV数が増えます。

記事数がある程度あるにも関わらず、
PV数が一向に増えていない場合は
リライトをすることで改善が見込めます。

リライトが必要な記事

ブログをリライトするタイミングは、
記事公開から3ヶ月が目安です。

公開後、すぐリライトしても無駄で、
Googleの検索エンジンなどが記事を
「読者が求めているものか?」など
評価するのに時間がかかるためです。

評価されるタイミングや要因はまちまちで
公開後すぐに上位表示される記事もあれば
1カ月アクセスがない記事もあります。

公開からしばらく時間がたって記事を
下記のようなツールで探してみましょう。

【無料で出来る】ブログリライト自動判定ツールの作り方【リライトツール】
ブログのリライトどうしていますか?書いた記事の検索順位は気になるものの・・・一体どの記事をリライトすれば良いんだろう?またどんなタイミングでリライトするのが正解なのでしょう?ブログに慣れていないうちはリライトのタイミングを逃してしまい、記事

記事のリライト方法

記事のリライト方法は以下の4つです。

  • タイトルをリライトする
  • ディスクリプションをリライトする
  • 見出しをリライトする
  • 本文をリライトする

それぞれ解説します。

記事タイトルをリライトする

記事タイトルのリライトは、
以下の3つの方法があります。

  • 検索キーワードを前に入れる
  • 最新系の言葉を入れる
  • 言葉を強くする

内容の少ない薄っぺらい記事でも、
下記記事で紹介しているようなルールを
守ればクリック率を上げることができます。

効果抜群!タイトルを最適化する10のルール!
ライティング【キーワード設計】今すぐ稼ぎたい人へ!収益を加速させるキーワードの見つけ方紹介!【ペルソナ設計】あなたのサイトの読者は誰?ペルソナの作り方まとめてみた!【競合調査】ライバルに勝てますか?専業アフィリエイターがやる競...

ディスクリプションをリライトする

ディスクリプションのリライトは、
検索結果には直接影響しません。

ディスクリプションは検索した語句に応じて、
目立つ表示になるので読者の目に止まり
クリック率を上げることができます。

ここまでタイトル、ディスクリプションが
工夫されていればアクセスが見込める
記事を作ることも可能となります。

見出しをリライトする

見出しのリライト方法は、以下の2つです。

  • 見出しに検索キーワードを入れる
  • 見出し内の不要な文章を削除する

それぞれ解説します。

見出しに検索キーワードを入れる

見出しに検索キーワードを入れることで、
SEOで上位表示した例もあります。

「ブログ リライト」というワードで
上位表示できる記事を作りたいのなら、
記事の見出しに「ブログ リライト」
というワードを入れることが有効です。

あんまり使いすぎるとスパム判定され、
ペナルティを受ける可能性もあるので
必要がない場合には使わないでください。

見出し内の不要な文章を削除する

見出し内の不要な文章を削除することで、
検索結果が上昇することがありました。

見出しが長文になっている場合は、
重要な部分だけ残して短くします。

エックスサーバーの導入方法の記事では、

「お申込内容の確認」ボタンをクリックする

ではなく、

エックスサーバーの申込内容の確認

の方が好ましい見出しとなります。

また、見出しはそのまま目次になるため、
クリックしてきた読者が目次を見て、
「自分の求める情報があるのか」を
確認しやすくなりますよ。

本文をリライトする

本文のリライト方法は、以下の4つです。

  • 関連キーワード、サジェストキーワードを追加する
  • 検索意図を満たさない文章を削除する
  • 内部リンクを追加する
  • 複数の記事を統合する

それぞれ解説します。

関連キーワード、サジェストキーワードを追加する

検索される語句を本文に含めることで、
検索結果で上位表示しやすくなります。

関連キーワードやサジェストキーワードは、

で簡単に調べることが出来ます。

読者が知りたいキーワード、情報について
更に詳しく内容を追加してみましょう。

検索意図を満たさない文章を削除する

検索意図を理解していない文章は、
記事中に必要となることはありません。

例えば、リライトのやり方を知りたいのに
「この記事は牛丼を食べながら書きました」
とか必要ない情報はいりませんよね?

牛丼好きの牛丼情報のブログでは、
全く必要がないものではありません。

  • 答え(正解)が分かりやすいか
  • 行動を促しているか

を確認して余計な文章は削除しましょう。

内部リンクを追加する

記事内に内部リンクを追加するのは、
SEO対策でとても有効な手法です。

記事の本文に内部リンクを入れることで
離脱率を下げることが期待できるため、
Googleのbotに好印象を与えられます。

記事内に内部リンクが少ない人は、
リライトするタイミングでもいいので
内部リンクを意識して入れてみましょう。

複数の記事を統合する

1記事1ワードのような構成で書くと
コンテンツの量が少なくなりがちですが、
キーワードの関連がある複数の記事を
一つにまとめると網羅性が高くなります。

最後まで記事を読む人が増えれば、
Googleはいい記事だと判断しやすく
結果上位表示されやすい認識です。

全く関連のない記事を統合するのは、
逆にSEOでは悪く働いてしまうので
検索意図が重複(カニバリ)しそうな記事
を統合することをおすすめします。

コメント