ここでアフィリエイターデビューしませんか?
このサイトで学べることは?

エモーショナルライティングとは?ライティングで成約率を上げる手法

3.ライティング
スポンサーリンク
この記事は 約3 分で読めます。

あなたは記事に合わせてライティングできていますか?

ロジカルライティングに慣れると
ロジカルライティングばかり書いてしまいますが、
他のライティングをすることでアフィリエイトで
成果が上げやすくなります。

今回は、エモーショナルライティングについて紹介します。
個人的に難しいのはエモーショナルライティングなので、
初心者の方はまずロジカルライティングからやることをお勧めします。

本記事では、

  • エモーショナルライティングとは
  • エモーショナルライティングを使ったほうがいい記事
  • エモーショナルライティングの書き方手順

の順にご紹介します。

 

エモーショナルライティングとは

エモーショナルライティングとは、ロジカルライティングと違い
結論を最後に記載するライティング術です。

また、エモーショナルは日本語で感情を意味しています。

人間は、理性1:感情9の割合で行動されると言われているため、
感情に問いかけるライティング術として知られています。

主に感情を揺さぶり、行動してもらうことが目的として使われます。

エモーショナルライティングを使ったほうがいい記事

エモーショナルライティングのメリットは、

  • 最後まで読む読者が増える
  • 相手に行動を呼びかけやすい

です。

以上のメリットを最大限生かせるのは、

お客様に行動させたいページ

となります。

そのため、商品、サービス紹介ページ
エモーショナルライティングで書くことが有効です。

エモーショナルライティングの書き方手順

エモーショナルライティングでは、

  • AIDCASの法則
  • PASONAの法則

といった法則を使うことが一般的です。

AIDCASの法則

AIDCASの法則は、

  1. Attentino(注目)
  2. Interest(興味)
  3. Desire(欲求)
  4. Conviction(確信)
  5. Action(行動)
  6. Satisfaction(満足)

の順に構成されていて、
プラス訴求をするとき用いられます。

PASONAの法則

PASONAの法則では、

  1. Problem(問題定義)
  2. Agltation(あおり)
  3. Solution(解決策提示)
  4. NarrowDown(絞り込み)
  5. Action(行動)

の順に構成されていて、
マイナス訴求をするときに用いられます。

まとめ

今回は、エモーショナルライティングについて紹介しました。

やはり、ロジカルライティングのほうが簡単ですが、
エモーショナルライティングは使用する記事によって、
凄まじい威力を発揮するでしょう。

コメント