ここでアフィリエイターデビューしませんか?
このサイトで学べることは?

ロジカルライティングとは?初心者が身に着けておきたいライティング術

3.ライティング
スポンサーリンク
この記事は 約3 分で読めます。

「書いた記事がわかりずらい」
「読みやすい記事の書き方が知りたい」

相手に自分の主張を伝えること
記事を書く目的ですよね?

文章が苦手な人でもロジカルライティングを
行うことで相手にわかりやすい記事を書くことができます

今回は、

  • ロジカルライティングとは
  • ロジカルライティングのメリット
  • ロジカルライティングの書き方ルール

を紹介します。

ロジカルライティングとは

ロジカルライティングとは、
論理的でわかりやすい文章を書く方法です。

しかし、ロジカルライティングは、
分かりやすい文章を書くための技術ではありません。

ロジカルライティングの本来の目的は、
あなたが望むように相手に行動をしてもらうことにあります。

自分の主張を伝え相手に行動させることが本来の目的です。

ロジカルライティングのメリット

ロジカルライティングのメリットは

  • 相手に分かりやすく伝える
  • 情報整理が上手くなる

です。

それぞれ解説します。

相手に分かりやすく伝える

ロジカルライティングを学べば、
わかりやすい文章を書けるようになります。

しかし、実はロジカルライティングは、
分かりやすい文章を書くための技術ではありません。

ロジカルライティングの本来の目的は、
あなたが望むように相手に行動をしてもらうことにあります。

情報整理が上手くなる

ロジカルな文章を作る際に、

  • 「誰に」
  • 「何をやってほしいのか」
  • 「目的は何か?」

など考える軸がありますが、
それらを考える過程で情報を整理する必要があります。

ロジカルライティングを身につけることは、
文章の情報を整理する力を身に付けることに繋がり、
結果として情報の整理がうまくなるでしょう。

ロジカルライティングの書き方ルール

総論、各論、結論の順で書く

分かりやすい論理的な文章を書くために、
文章の全体構成を、

  1. 「総論」=伝えたいことや文章の目的
  2. 「各論」=総論の裏付けとなるような内容
  3. 「結論」=文章で伝えたいことをもう一度再提示

で整理するようにしましょう。

段落ごとに情報を整理する

段落とは「文章のまとまり」のことで、
1つの主張(言いたいこと)を書きます。

文章の主張を確認し、
書くべき情報を段落分けします。

段落の先頭は、
そのまとまりで説明したい一つの
主張を簡潔に述べた要約文になります。

このように一つの主張を、

  1. 主張
  2. 要約
  3. 補足文
  4. 補足文

となる段落構成での書き方を
パラグラフライティングと呼びます。

文章を読み返す

まとめ

記事を書くのが苦手な人は、
この「総論」→「各論」→「結論」を常に意識しながらロジカルライティングを身につけましょう。

コメント