ここでアフィリエイターデビューしませんか?
このサイトで学べることは?

ロジカルライティングとは?初心者が身に着けておきたいライティング術!

ライティング
この記事は 約3 分で読めます。

「書いた記事がわかりずらい」

「読みやすい記事の書き方が知りたい」

相手に自分の主張を伝えることが
記事を書く目的ですよね?

文章を書くのが苦手な人でも
ロジカルライティングを行うことで
わかりやすい記事を書くことができます。

今回は、

  • ロジカルライティングとは
  • ロジカルライティングのメリット
  • ロジカルライティングの書き方ルール

を紹介します。

スポンサーリンク

ロジカルライティングとは

ロジカルライティングはその名の通り、
論理的でわかりやすい文章を書く方法です。

論理的に書くことで余計な情報が少なく
相手に分かりやすく文章を書けるのですが
分かりやすい文章を書くための技術ではありません。

ロジカルライティングの本来の目的は、
自分の主張を相手に伝えることで
相手に行動をしてもらうことにあります。

ロジカルライティングのメリット

ロジカルライティングのメリットは、

  • 相手に分かりやすく伝える
  • 情報整理が上手くなる

で、ライティング初心者におすすめです。

相手に分かりやすく伝える

ロジカルライティングができると、
相手が読んで分かりやすい文章を
書くことができるようになります。

逆にロジカルライティングができないと、
自分の主張を上手く伝えることができず
相手を行動に移させることは難しいです。

実際アフィリエイトだけではなく、
社会人として使えるスキルなので
是非身に着けておきたいところです。

情報整理が上手くなる

ロジカルな文章を作る際に、

  • 誰に
  • 何をやってほしいのか
  • 目的は何か

などを軸に考える必要があり、
考える過程で情報を整理する必要があります。

ロジカルライティングを身につけることで、
情報を整理する力を身に付けられます。

ロジカルライティングの書き方ルール

総論、各論、結論の順で書く

分かりやすい論理的な文章を書くために、
文章の全体構成を、

  1. 総論=伝えたいことや文章の目的
  2. 各論=総論の裏付けとなるような内容
  3. 結論=文章で伝えたいことをもう一度再提示

で整理するようにしましょう。

段落ごとに情報を整理する

段落とは「文章のまとまり」のことで、
1つの主張(言いたいこと)を書きます。

文章の主張を確認し、
書くべき情報を段落分けします。

段落の先頭は、
そのまとまりで説明したい一つの
主張を簡潔に述べた要約文になります。

このように一つの主張を、

  1. 主張
  2. 要約
  3. 補足文
  4. 補足文

となる段落構成での書き方を
パラグラフライティングと呼びます。

文章を読み返す

自分の書いた記事の主張が伝わるのか
記事を最初から読んでおきましょう。

論理的に書くことができていれば、

  • 読者に不必要な情報(文章)を省く
  • 足りない情報(文章)を足す

場所が明確に分かるはずです。

記事を公開した後に読者が少なければ、
どちらかできていない可能性が高いです。

まとめ

今回はロジカルライティングの目的、
書き方のルールを紹介しました。

特にライティングに苦手意識がある人は
ロジカルライティングの書き方ルール

  1. 総論
  2. 各論
  3. 結論

を頭に叩き込みましょう。

コメント