ここでアフィリエイターデビューしませんか?
このサイトで学べることは?

【ペルソナ】あなたのサイトの読者は誰?ペルソナの作り方まとめてみた!

3.ライティング
スポンサーリンク

あなたのサイトの顧客は誰でしょうか?
顧客を理解しないままサイトを作っていくと失敗するでしょう。

極端な失敗例を挙げると、

ベビーミルクを売るためのサイトを作ったとします。
そこに訪れた赤ちゃん向けにオススメのベビーミルクをオススメする記事を書いたとします。

お分かりだと思いますが、実際に買うのは赤ちゃんではなく、出産後
の親の場合がほとんどです。赤ちゃん用のサイトを作っても無駄だということを理解している必要があります。

失敗しないためには”ペルソナ”を設定しておくと役に立ちます。

ターゲットとペルソナの違いとは?

ターゲットとペルソナの違いは、その詳細さにあります。

従来のマーケティングでは「40代既婚男性」「理系の男子大学生」などのように、主に年齢や性別、属性など大枠で顧客をグルーピングしてターゲットを設定するのが一般的でした。

ところが、近年のライフスタイルの多様化により、そうした分類だけでは顧客のニーズが予測できなくなってしまいました。またそうした分類では、ターゲットの根底にある価値観や行動特性などを把握することもできません。

ここで登場したのが、ペルソナマーケティングです。

ペルソナの設定では、「一人の架空の人物」を想定して、そのプロフィールを、趣味や嗜好、価値観や行動パターンまで、かなり詳細に設定していきます。

ペルソナを設定する3つのメリット

<メリットその1>社内やプロジェクトメンバー間でターゲットとなる人物像を共有できる。

例えば、新商品開発のターゲットを「広島に住む40代既婚男性」と設定したとします。
このような曖昧なターゲットだとプロジェクトメンバーの頭に浮かぶ対象は、バラバラになってしまいます。

ペルソナを作成することで、職種や年齢、性別の異なるプロジェクトメンバー間でターゲットのズレや認識違いを防ぐことができ、スムーズに打ち合わせを進めることができます。

ペルソナを作成することで、職種や年齢、性別の異なるプロジェクトメンバー間でターゲットのズレや認識違いを防ぐことができ、スムーズに打ち合わせを進めることができます。

<メリットその2>ユーザー視点で議論、意思決定ができるようになる

ペルソナを設定することで、お客さんや制作者の好みや都合ではなく、ユーザーの視点でユーザーの気持ちになって議論や意思決定ができるようになります。

<メリットその3>ターゲットに刺さるアプローチができるようになる。

ペルソナを作成して、ターゲットをひとりに絞り込むことで、その人の生活がイメージしやすくなり、抱えている困り事や問題点を発見しやすくなります。

その結果、その人物に共感しやすくなり、ターゲットに刺さる鋭いメッセージを考えることができるようになります。
刺さるメッセージを作れるだけでなく、ペルソナの行動パターンを元に、情報発信の方法も一番伝わるものを選択することができます。

ペルソナの作成方法

設定項目について

ペルソナの設定項目にはどのようなものがあるでしょうか??

ペルソナ設定項目は数え上がればきりがないため、目的に合わせて設定してください。
一般的にはこのように4つに分類することができます。

①その人物の属性について
「氏名」「性別」「年齢」「職業・役職」「家族構成」「年収」など

②その人物のパーソナリティについて
「性格」「価値観」「口癖」「悩み」などその人物の個性や人柄を示す情報

③その人物のライフスタイルについて
「よく読んでいる雑誌」「休日の過ごし方」「使っているデバイス」などその人物がどのような生活をしているかを示す情報

④その人物の人間関係について
「仲の良い友人の人数」「使っているSNS」「所属しているコミュニティ」など

ペルソナ例

コメント