ここでアフィリエイターデビューしませんか?
このサイトで学べることは?

リード文とは?リード文の書き方のポイントを解説!

ライティング
この記事は 約4 分で読めます。

多くのサイトの記事で本文前には、
記事の内容など解説されています。

その部分(ココ)は「リード文」と呼ばれ、
記事の一番はじめに書く「導入文」のことで、
文章の本題にスムーズに繋げるためのパートです。

せんちゃん
せんちゃん

リード文で第一印象が決まります!

この記事では初心者でもリード文を
簡単に書くための手順をご紹介します。

スポンサーリンク

リード文の役割

具体的な役割としては以下のようなものです。

  • 読者との距離を縮める
  • 記事の魅力を伝え最後まで読んでもらう

では、それぞれの役割について詳しく解説していきます。

読者との距離を縮める

読者が最初に読む文字が冒頭のリード文です。

人によってはリード文だけを見て、
どんなサイト、記事かを読み取るため
リード文で好感を持ってもらえれば
主張が受け入れられやすくなります。

記事の魅力を伝え最後まで読んでもらう

例えば、

  • どんな人が書いているか
  • どんな内容が書かれているか

これらがわかっていない状態で
書かれた記事を読みたいでしょうか?

逆に上記が分かっていれば、
一言一句読み漏らさないように
記事を読むのではないでしょうか?

記事の魅力を冒頭で伝えることで、
最後まで読んでもらいやすくなります。

ここまでリード文が重要さを解説しました。

では、実際にリード文の書き方を紹介します。

リード文の書き方

リード文の構成要素は大きく5つ あります。
①疑問:想定読者の疑問で引き込む(できれば驚かす)
②共感:共感を獲得して「わかる/確かに」を生む
③メリット:解決策、本文を読むメリット
④権威性:詳しそうな人が書いてるよ
⑤簡易性:簡単なのに効果的だよ
 
です。これらをリード文として盛り込みます。

①疑問:想定読者の疑問で引き込む(できれば驚かす)

まずは読者に対して、
「この記事にはあなたの求める情報がある」
と伝えることが大事です。

できれば、ここで読者が

えっ!?

となりそうな内容を盛り込めると
より最後まで読まれやすくなります。

②共感:共感を獲得して「わかる/確かに」を生む

次に、読者に対して、
「こう思ってるよね?」
と共感していることを伝えます。

そうすることで、読者に

わかってくれてる!

と思ってもらうことができます。

読者の人は同じ立場の人が書いているし、
自分のことがわかってくれていると感じると、
最後まで読もうと思いやすくなります。

③メリット:解決策、本文を読むメリット

3番目は「この記事を読むメリットの提示」です。

一番大事なポイントと言える部分なのに、
意外と書けていない人が多いです。

もしも書けない場合は、

・ターゲットのお悩みは何か
・その解決策は何か

を考えられていない可能性が高いです。

改めて考えてみてください。

④権威性:詳しそうな人が書いてるよ

4つめは「権威性」です。

例えば病気の記事を書いたとして、

現役の内科医が書きました。

と一言あれば信憑性は高く感じますよね?
(嘘は辞めてください)

肩書がなかったとしても、
プロフィールページを作ったりすると
どんな人が書いているのかわかります。

⑤簡易性:簡単なのに効果的だよ

最後は「簡易性&効果」です。

せんちゃん
せんちゃん

あなたの問題について詳しい私がこんな風な解決方法を教えます。

といわれたあとに、それが

せんちゃん
せんちゃん

簡単で効果的です!

と言われると、思わず読みたくなるのが人情。

ここまで、リード文の5つのポイントをお伝えしてきました。

まとめ

ライティングに慣れていない頃は、
リード文を書いていない記事を
公開することもよくありました。

今回紹介したリード文のポイント

  1. 疑問
  2. 共感
  3. メリット
  4. 権威性
  5. 簡易性

を意識することで初心者でも
短時間でリード文を書くことができます。

もし書いていない記事があれば、
気づいたときに追加しておきましょう。

コメント