ここでアフィリエイターデビューしませんか?
このサイトで学べることは?

【保存版】コピペOK!プライバシーポリシーの書き方

2.サイトの作り方
スポンサーリンク
この記事は 約8 分で読めます。

プライバシーポリシーご存知ですか?

たとえ個人が運営するサイトやブログであっても
プライバシーポリシーは必須です。

なぜかというと、プライバシーポリシーを明記しておかないと、
読者との個人情報に関するトラブルが発生する可能性があるからです。

今回は、

    • プライバシーポリシーについて
    • プライバシーポリシーの書き方
  • プライバシーポリシーの掲載位置

を紹介しています。

プライバシーポリシーをサイトに配置していない人は、
必ず実践するようにしましょう!

プライバシーポリシーとは

プライバシーポリシーとは、
日本語では個人情報保護方針と呼ばれます。

言葉の意味としては、
「Webサイトを運営するに当たり取得した
個人情報をどのように扱うのか記載したもの」
になります。

取得した個人情報をどのように保護するのか、
一定の条件で利用するのか、
といった個人情報の扱い方をWebサイトの
管理者が定める必要があります。

Webサイトを運営するだけで、個人情報って集まるの?

と思うかもしれませんが、
多くのサイトに設置してあるお問い合わせフォームでは、
メールアドレスや名前が取得できますし、
アクセス解析ツールを導入している場合であれば、
市区町村単位での

  • 住所
  • 使っている機器
  • 年齢
  • 性別

などを取得することができます。

プライバシーポリシーをざっくりと説明する場合、
上記のように集まった個人情報を
「大切に扱います、あなたには迷惑をかけません」
と宣言している、ということになります。

どんなサイトに必要か

さてさて、プライバシーポリシーの定義がわかったところで、
次に気になるのが「どんなWebサイトにプライバシーポリシーが必要なのか」という点ですよね。

その答えはとても簡単です。

Web上に存在している”ほぼ”全てのWebサイトにプライバシーポリシーが必要です。

「”ほぼ”全て」という部分が引っかかると思います。

“ほぼ”と記載したのは、
パブリックな状態(誰でも見られる状態)ではなく、
なおかつ

  • 「広告がない」
  • 「アクセス解析ツールがない」
  • 「お問い合わせフォームがない」
  • 「その他個人情報が集まる仕組みがない」

といった条件を満たしているサイトは除外されるからです。

書き方・ひな形

では実際に掲載する
プライバシーポリシーの例文を紹介します。

主に、

  • 情報発信系
  • トレンドサイト系

の二種類に分けることができます。

それぞれ紹介しますので、
自分のサイトにあったほうをコピペして使ってください。

情報発信系

以下のサービスを利用していること仮定しています。

  • Google Analytics
  • Amazonアソシエイト
  • メルマガスタンド

個人情報の利用目的

当ブログでは、メールでのお問い合わせ、メールマガジンへの登録などの際に、名前(ハンドルネーム)、メールアドレス等の個人情報をご登録いただく場合がございます。

これらの個人情報は質問に対する回答や必要な情報を電子メールなどをでご連絡する場合に利用させていただくものであり、個人情報をご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。

個人情報の第三者への開示

当サイトでは、個人情報は適切に管理し、以下に該当する場合を除いて第三者に開示することはありません。

・本人のご了解がある場合

・法令等への協力のため、開示が必要となる場合

個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止

ご本人からの個人データの開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。

アクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。

このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。

広告の配信について

[自分のサイトの名前]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。

免責事項

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

プライバシーポリシーの変更について

当サイトは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。

修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。

トレンドサイト

以下のサービスを利用していること仮定しています。

  • Google Analytics
  • Google アドセンス
  • Amazonアソシエイト
  • 第三者の画像や動画を利用

広告の配信について

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google アドセンス グーグルアドセンス」を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。

また、[サイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。

アクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。

このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。

当サイトへのコメントについて

当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。

これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。

・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。

・極度にわいせつな内容を含むもの。

・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。

・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。

免責事項

当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

配置する

さてさて、プライバシーポリシーの書き方がわかったので、
次は設置場所ですね。

基本的に、どこに設置しても問題はないのですが、
一般的にプライバシーポリシーはフッター部分に
設置することが多い
です。

まとめ

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。

プライバシーポリシーは、
ほとんど人に見られることはないので、後回しにしがちですよね。

しかしながら、
プライバシーポリシーがしっかりしているだけでも好印象になりますし、ビジネスチャンスがやってくるかもしれませんので、
掲載しておくことをお勧めします。

コメント