ここでアフィリエイターデビューしませんか?
このサイトで学べることは?

【Googleアドセンス】Googleアドセンスの規約違反まとめ!ペナルティを受ける前に確認しよう!

収益化
この記事は 約5 分で読めます。

「Googleアドセンスってどんなサイトにも張っていいの?」
「広告を自分でクリックしてもいいの?」

上記の答えを知らずにアドセンスプログラムに参加し、
Googleアドセンス利用規約に違反した場合、

  • アドセンス広告の配信停止
  • アカウント剥奪

となる可能性が高く、アドセンス収入を得られなくなります。

せんちゃん
せんちゃん

アドセンスが使えないのはきつい(笑)

今回はGoogleアドセンスの利用規約の違反例を

  • クリック系
  • アドセンス広告系
  • コンテンツ系

に分けまとめました。

ペナルティを受けたくない人は確認しておきましょう。

スポンサーリンク

違反事項一覧

違反事項については公式が発表している
アドセンス利用規約を参考にしています。

Google AdSense - Terms and Conditions

今回利用規約について解説しますが、

  • 私の解釈が間違っている
  • 規約変更を補足できていない

可能性も十分にあることを理解した上で
読み進めていただけると幸いです。

クリック系

まずクリック系について解説します。

クリック系には、

  • 自己クリック
  • 相互クリック
  • クリック誘導

の3種類に気を付ける必要があります。

AdSense プログラム ポリシー - AdSense ヘルプ
AdSense 公式ブログでも、プログラム ポリシーに関する最新情報や事例、よくある質問をご確認いただけます。

自己クリック

自己クリックとは自分のサイトに表示される
アドセンス広告を自分でクリックすること。

間違えてクリックすると故意でなくとも
違反対象となるので要注意です。

相互クリック

相互クリックとは自己クリックと似て、
自分以外の誰かにクリックしてもらうこと。

例え誰かにお願いしていない状態でも、
公開したサイトに知人が訪れてしまい
アドセンス広告をクリックと違反です。

一回くらいならばれないと思いますが、
同じIPアドレスからクリックが多いと
Googleからは絶対に怪しまれます。

クリック誘導

クリック誘導とはサイトの訪問者に
アドセンス広告のクリックを促すこと。

アドセンス広告は興味のある人が
クリックしてくれるものです。

「サイト運営の励みになるので、
下記の広告をクリックしてください」
などは完全にアウトとなります。

アドセンス広告系

アドセンス広告系には、

  • 広告の数
  • 広告の表記
  • コードの改変
  • 掲載位置

が違反となる可能性があります。

広告のプレースメントに関するポリシー - AdSense ヘルプ
以下のリンクをクリックして関心のあるセクションをご覧ください。 誤クリックの回避 誤クリックの誘導 広告の

広告の数

1ページに表示できるアドセンス広告の数は
以前まで3つまでとなっていたのですが、
最近は3つというルールが撤廃されました。

3つのルールの代わりとして新しく
文字数などが不足しているサイト
アドセンス広告を表示してはいけない
と言われるようになりました。

広告の表記

アドセンス広告の紹介は上に文字で

  • 広告
  • スポンサーリンク

のどちらかしか表示してはいけない。

もしくは何も表示しないでもいいですが、
アドセンス広告周りに余計な文字はダメ!

コードの改変

コードの改変とはサイトに記述する用の
コードをいじってはいけないという意味。

Google側がカスタマイズを認める広告も
ありますが一般的には改変するのはダメ。

広告の掲載位置

広告の掲載位置で禁止されているのは、

  • スマホのファーストビューへの表示
  • スマホ画面に2つの広告
  • 他のコンテンツと被る
  • 余白なし
  • 追従広告(スクロール広告)
  • ポップアップ広告

となっています。

普通に使っていれば違反しませんが、
たまに確認しておくといいでしょう。

コンテンツ系

コンテンツ系は、

  • 禁止コンテンツ
  • 著作権違反
  • コンテンツ不足
  • オリジナル性の乏しいコンテンツ
  • 収益・アナリティクス画面

に分類されています。

Google サイト運営者 / パブリッシャー向けポリシー - AdSense ヘルプ
Google は、自由で開かれたインターネットを実現するため、サイト運営者様がご自身のコンテンツを収益化し、広告主様が有益で適切な商品やサービ

禁止コンテンツ

下記のジャンルはアドセンス広告を
掲載するに適さないジャンルとなります。

  • 成人向けコンテンツ
  • 誹謗中傷
  • 違法な薬物
  • アルコール
  • タバコ
  • ヘルスケア
  • ハッキング・クラッキング
  • 報酬系
  • 不適切な表示をしたコンテンツ
  • 暴力系
  • 武器系
  • 不正行為の助長

アドセンスで収益化できないサイトでも
ASPを使えば収益化はできます。

アドセンス規約違反をするくらいなら
最初からASPを利用しましょう。

著作権違反

違法動画として扱われているコンテンツを
アップロードする行為が制裁対象となる。

コンテンツ不足

アドセンス広告系でも言いましたが
文字数不足の記事は好ましくないです。

どのような判断基準かはわかりませんが、
文字数が500文字以下の記事には
広告を表示しないようにしましょう。

オリジナル性の乏しいコンテンツ

他のサイトからコピペしたような記事などは
一次情報も少なくオリジナル性が乏しいです。

そうしたサイトではペナルティを受けるほか
DMCAされると検索エンジンから除外される
などリスクがとても大きいです。

そもそもモラルに反する行為なので、
あくまでも参考にする程度に収めましょう。

収益額、アクセス数

Googleの各管理画面では、

  • 収益額
  • アクセス数

を確認することができます。

その画面をキャプチャ(スクショ)して、
サイトやSNSで報告するのはいいですが
アドセンス広告を貼るのは規約違反です。

アドセンスと関係のないサイトでは、
公開しても大丈夫(なはず)ですが
特に必要ない人は控えましょう。

まとめ

今回はGoogleアドセンスの利用規約
についてまとめました。

利用規約を守れない人には厳しいのは、
誰でも同じですのでしっかり守りましょう!

当サイトでの情報が古い場合もあるので、
公式ページも読んでおきましょう。

Google AdSense - Terms and Conditions
収益化
スポンサーリンク
\シェアおねがいします!/
せんちゃんをフォローする
サブワークネット

コメント