ここでアフィリエイターデビューしませんか?
このサイトで学べることは?

【収益化】Googleアドセンスの規約違反についてまとめた

4.収益化
スポンサーリンク
この記事は 約4 分で読めます。

「Googleアドセンスってどんなサイトにも張っていいの?」
「広告を自分でクリックしてもいいの?」

上記の答えを知らずにアドセンスプログラムに参加し、
Googleアドセンス利用規約に違反した場合、

  • アドセンス広告の配信停止
  • アカウント剥奪

となる可能性が高く、アドセンス収入を得られなくなります。

せんちゃん
せんちゃん

アドセンスが使えないのはきつい(笑)

今回はGoogleアドセンスの利用規約の違反例を

  • クリック系
  • アドセンス広告系
  • コンテンツ系

に分けまとめました。

ペナルティを受けたくない人は確認しておきましょう。

 

違反事項一覧

公式の利用規約です。

Google AdSense - Terms and Conditions

私の解釈が間違っている可能性もあるので、
あくまでも公式の利用規約を読むことを推奨します。

クリック系

  • 自己クリック
  • 相互クリック
  • クリック誘導

自己クリック

自分のサイトのアドセンス広告を自分でクリックすること。
故意でないにしても違反対象となるので要注意です。

相互クリック

自己クリックじゃなければいいんでしょ?と
思ったかもしれませんが家族、友達に頼んでも
IPアドレスなどから特定されます。

クリック誘導

サイトの訪問者に対しても同様に、
クリックを促す文言を記載することを違反としています。

アドセンス広告系

  • 広告の数
  • 広告の表記
  • コードの改変
  • 掲載位置

広告の数

最近ではこの3つという具体的な数字が撤廃し、
また新たなルールができた。

文字数やその他もろもろのコンテンツが
不足しているサイトには、
「アドセンス広告をたくさん貼ってはいけないよ」
ということらしい。

広告の表記

アドセンス広告の上に文字は、
「広告」or「スポンサーリンク」のどちらかしか認められていない。

また、余白を設けるルールがあるのですが、
上記の文字を表示することでこの問題は解消されます。

コードの改変

コードの改変とは、「コードをいじってはいけない」
という意味です。

レスポンシブ広告のカスタマイズなどについては、
Googleアドセンス側が勧めているのでこれらは例外である。

広告の掲載位置

  • スマホのファーストビューへの表示
  • スマホ画面に2つの広告
  • 他のコンテンツと被る
  • 余白なし
  • 追従広告(スクロール広告)
  • ポップアップ広告

コンテンツ系

  • 禁止コンテンツ
  • 著作権違反
  • コンテンツ不足
  • オリジナル性の乏しいコンテンツ
  • 収益・アナリティクス画面

禁止コンテンツ

下記のジャンルはアドセンス広告を
掲載するに適さないジャンルとなります。

  • 成人向けコンテンツ
  • 誹謗中傷
  • 違法な薬物
  • アルコール
  • タバコ
  • ヘルスケア
  • ハッキング・クラッキング
  • 報酬系
  • 不適切な表示をしたコンテンツ
  • 暴力系
  • 武器系
  • 不正行為の助長

著作権違反

画像や動画など違法動画として
扱われているコンテンツをサイト内に
アップロードする行為が制裁対象となる。

コンテンツ不足

目安として文字数が500文字以内の記事は、
コンテンツ不足であると認識される傾向があります。

文字数が少ないページでは、
アドセンス広告を表示させないよう
設定しておけば問題ないです。

オリジナル性の乏しいコンテンツ

他のサイトから「コピペ」や「リライト」を行うと、
いずれもオリジナルに乏しい記事ができてしまう。

そして、こうした手法を用いて記事を量産したサイトやブログは、Googleから制裁を受けることが多くなる。

コピペに関しては、Googleポリシーに違反したとして、
「検索エンジンに表示されない」という重いペナルティーを
受けることもあるのでしてはいけない。

収益画面、アナリティクス

  • アドセンスの収益画面
  • アナリティクスのPV数

のキャプチャ画像などを公開しそこに
アドセンス広告を貼ることは規約違反となっています。

まとめ

今回は、Googleアドセンスの利用規約についてまとめました。

利用規約を守れない人には厳しいのは、
誰でも同じですのでしっかり守りましょう!

当サイトでの情報が遅い場合もあるので、
公式の利用規約ページをよく参照するようにしてください。

コメント