ここでアフィリエイターデビューしませんか?
このサイトで学べることは?

【SEO対策】Cocoonで常時SSL対応する方法

5.SEO対策
スポンサーリンク
この記事は 約5 分で読めます。

SSL化していますか?

今回はSSL何て聞いたことないよ!
という人に向けて、

  • SSLの概要
  • Cocoon×Xserverを利用した常時SSL化方法
  • 常時SSLの確認方法

を解説します。

SSLとは

SSL(Secure Sockets Layer)とは、
インターネット上の通信を暗号化する技術です。

SSL化することで、

  • 個人情報
  • クレジットカード情報

などのデータを暗号化することで
サイトのセキュリティを高めます。

常時SSL

常時SSLとは、サイト全体をhttps化することです。

常時SSL化することで、

  • セキュリティリスクに対抗
  • 検索順位への良い影響
  • ウェブサイト分析への有効活用
  • SSL化で高速表示

できるようになるため、
サイト運営者なら常時SSL化に設定しましょう。

SSL対応する方法

XserverでSSL設定を行う

Xserverのサーバーパネルにログイン、

ドメインのSSL設定を選択

今回、常時SSL化したいドメイン名を選択します。

当サイトはすでに常時SSL化していたので、
違うサイトで解説します。

独自SSL設定追加をクリックします。

ドメイン名を確認して、
正しければ追加するをクリックします。

ここまでがXserverでのSSL設定手順です。

サーバーに反映されるまで、
最大で1時間程度ようする場合もあります。

WordPress設定のURLを変更する

管理画面、設定、一般から

  • WordPressアドレス(URL)
  • サイトアドレス(URL)

がhttp://~となっている場合、
https://~も変更します。

内部リンクの置換

  • 管理画面から内部リンクをSSL化
  • Search Regax(置換プラグイン)でSSL化

していきます。

両方やる必要はないかもしれないですが、
やれそうならやっておきましょう。

まずは、管理画面から内部リンクをSSL化から。

Search Regax(置換プラグイン)でSSL化

.htaccessの変更

今までhttp://~にアクセスしていた人に、
SSL化したページを見てもらう設定をします。

301リダイレクト用のコードを
.htaccessに追記します。

301リダイレクトとは | SEO用語集:意味/解説/SEO効果など [SEO HACKS]
SEO対策の文脈で用いられる用語「301リダイレクト (301redirect)」について解説します。 意味:301リダイレクトとは 301リダイレクトは、URLが恒久的に変更された場合に用いられる転送処理のステータスコ …

.htaccessを編集するには、

  • ファイルサーバーから直接編集する
  • FTPソフトを利用してアップロードする

方法がありますが今回は、
ファイルサーバーから直接編集する方法を紹介します。

.htaccessは重要なファイルで、
編集に失敗するとサイトが表示されなくなります。

編集前にバックアップを取ることをおすすめします。

【超簡単】バックアップしてる?WordPressのバックアップ&復元方法を紹介
「初心者でも簡単にバックアップできる方法が知りたい!」「自動で定期的にバックアップを取りたい」定期的にバックアップしていないと、もしもの時にこれまで作ってきたサイトのデータがすべて吹き飛んでしまいます。本記事では、UpdraftPlus...

Xserverのファイルサーバーにログインします。 

ログインできたら設定するドメインを選択。

 

public_htmlをクリック。

.htaccessにチャックを入れ、
ファイルの操作、編集をクリック。

.htaccessが表示されたら、
下記コードをファイルの先頭にコピペします。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} !=on [NC]
RewriteR

保存して終了です。

Ccoon設定の確認

管理画面で設定している、

  • サイト背景画像
  • ヘッダーロゴ
  • ヘッダー背景画像
  • OGPのホームイメージ
  • アピールエリア画像
  • トップへ戻るボタン画像
  • 404ページ画像
  • AMP用のロゴ画像

などに関してはリンク置換ができていないので、
一つずつ設定してください。

自分のサイトが常時SSLしているかチェック

設定できたら自分のサイトが
常時SSLになっているか確認しょう。

Chromeの場合

この状態になっているとちゃんと設定できています。

この状態になっていない人は、
httpとhttpsが同サイト内で混在している
mixed-contentsになっている可能性が高いです。

Chromeデベロッパーツール

  • 画面上で右クリック[検証]をクリック
  • キーボードの[F12]を押す

を開きコンソールから、
httpと表示されている該当箇所を見つけて、
修正していきましょう。

Firefoxの場合

この状態になっているとちゃんと設定できています。

Chrome同様にFirefox開発ツール

  • 画面上で右クリック[要素を調査]クリック
  • キーボードの[F12]を押す

を開きコンソールから、
httpと表示されている該当箇所を見つけて、
修正していきましょう。

まとめ

今回は常時SSL化について解説しました。

難しい設定はないのですが、
mixed-contentを見つけるのに
時間がかかるかもしれませんね。

サイト公開段階で常時SSL化させる
必要はないですが、
後々対応しなくてはいけないので、
なるべく早くやっておきましょう。

コメント