オススメのプラグインについて

2. サイトの作り方
スポンサーリンク

cocoonを使っている人、初心者向けのオススメのプラグインを紹介します。
他のテーマをお使いの方にも是非参考にしていただきたいです。
使用方法については、他のサイトで詳しく説明されているので、
プラグイン名などで検索して使用してみてください!
それでは、紹介してまいります。

Jetpack

サイト管理する上で、便利な様々な機能を持つユーティリティープラグインです。

Cocoonでは、Jetpackの統計機能を用いてアクセス状況を管理者に表示する機能が利用できます。

有料版もありますが、無料版で問題なさそうです。

Akismet Anti-Spam

公開してすぐに見知らぬ人からコメントが何件か来たりします。それはスパムコメントです。

スパムコメントをある程度自動除去してくれるプラグインです。

WordPressサイトを運営する上では必需品。

WP Multibyte Patch

これを導入していないと、マルチバイト(日本語)サイトでエラーが出ることもあるので、とりあえずインストールしておくことをおすすめします。

EWWW Image Optimizer

画像をロスレス圧縮することで、サイズを縮小しページ表示する上で最適化するためのプラグインです。

ただし、強力な圧縮を行うには有料ライセンスを購入する必要があります。

Regenerate Thumbnails

テーマが利用しているサムネイルを再生成して最適化する
Force Regenerate Thumbnailsプラグインを用いて、テーマ上のサムネイルを再生成し、画像できるだけ綺麗に表示する方法の紹介です。

Google XML Sitemaps

Cocoonはデフォルトで、内部SEO施策が行われています。なので、ほとんどのSEOプラグインは不要と思います。

ただ、サイトマップだけはプラグインで生成しておいた方が良いかも。

これを行うことで、新規作成サイトでも、Googleのクローラーが回遊してもらいやすくなります(何もしないよりは)。

WebSub/PubSubHubbub

ページ更新を検索エンジンなどに通知することで、早くインデックスしてもらえる仕組みを提供します。

Wordfence Security

WordPressのファイヤーウォール&マルウェアのスキャンソフト。とりあえずインストールしておくだけでも、ある程度攻撃からサイトを守ってくれます。

まとめ

プラグインはあくまでも簡単に設定を済ませてもらえる便利なものです。

なくてもサイトの作成には、それほど影響はないはずです。

また、プラグインをインストールしすぎるとプラグイン同士が作用しあい、

エラーが発生する可能性があるので頭に入れておいてください。

コメント